ペット霊園の施設を選ぶポイント

ペット霊園施設を決めるポイントのご案内です。

埋葬と納骨の違いや、個別と合同墓地の特徴などご家族様がよく迷われる事を、簡単に説明します。

一番大事な事は、ご家族様が一番落ち着くご供養の仕方を選ばれる事です。火葬後のご遺骨の納め方に、決まり事や禁忌などはございません。

動物霊園施設のポイント ペット霊園施設別ポイント一覧

ペット霊園施設別ポイント一覧表
ポイント 合同埋葬地 合同慰霊碑 納骨棚 個別墓地区画
埋葬、納骨の方法は? 合同 合同(※1) 個別 個別
埋葬か、納骨か? 埋葬 納骨 納骨 埋葬・納骨
将来、遺骨を移動(遷骨)出来るか? ×
お参り時、遺骨に直接
会えるか?
× × ×(※2)
年間共益費など、
継続費用が必要か?
× ×

(※1)慰霊碑内では、お名前をつけて、個別に管理しております。

(※2)個別の墓碑や、プレートがご遺骨の納まっている区画に設置されます。

ペット霊園へ戻るペット霊園へ戻る

埋葬と納骨 埋葬と納骨の違い

合同埋葬地では、ご遺骨をお土に還す埋葬になります。慰霊碑や、納骨棚は、各施設への納骨になります。

埋葬と納骨の相違点
項目 埋葬 納骨
遺骨 骨壷等から出して、墓穴に納めます。墓穴は土で埋めますので、時間をかけて土に還ります。 骨壷、又はさらし等に納めて納骨堂や、慰霊碑などに納めます。遺骨の状態が短期間で変化する事はございません。
供養 埋葬地には、いつでも来ていただけますが、遺骨は、土の中でゆっくり自然に還ります。 形が変わることなく納まりますので、保管、管理が必要で、慰霊祭等も行われます。将来、納骨場所の変更や、埋葬される事も出来ます。
性格 遺骨が見えなくなってしまうので、さみしい反面、お気持ちの整理はつき易くなるようです。(魂は天国にいるのですから) 十分なご供養、法要をしてあげられ、気持ちを落ち着ける助けをしてくれます。反面、遺骨に気持ちが過剰に残る事があるようです。
利用できる霊園の施設 合同埋葬地(メモリアルプレース)・個別墓地区画(※) 合同慰霊碑・納骨堂・個別墓地区画(※)

(※)個別墓地区画は、埋葬、納骨どちらでも対応することが出来ます。

遺骨は、ご返骨も出来ます。ご自宅で気持ちが落ち着かれるまでご一緒されてから、ペット霊園の施設をご利用頂けます。

ペット霊園へ戻るペット霊園へ戻る