開眼供養|用語の解説

開眼供養(かいがんくよう)

開眼供養とは新しいお墓を単なる石からお墓にするための儀式です。

開眼のもともとの意味は、新たに仏像の目を開くという意味があります。

この法要を行う事で、新しいお墓が宗教的な機能を果たすことになり、故人の霊の安住の地となり、納骨する事が出来るといわれます。

神戸住吉ペット霊園で個別墓地を契約された方は、ご希望により僧侶を招いて行う事が出来ます。

関連用語:閉眼供養

用語集に戻る